FC2ブログ

I様邸 耐震改修工事

2019年12月10日 10:57

城陽市I様邸耐震改修工事

I様がもともと自宅の耐震性について不安に感じられたのは相当前である。
きっかけは、城陽市の耐震診断士による診断結果で、
自宅に対して 『 倒壊の恐れがある という判定を受けたため 』

確かに、40~50年ほど前の住まいは屋根に土葺きの瓦を乗せて
どうしても 重心がてっぺんに いきがち。

ですので、よく工事に携わる側としてはこの判定について
そんなに驚く事では無いが、お客様からすれば、やはり一大事である!

これまで、私用の事もあり、なかなか本件に着手出来なかったI様だが、
今回いよいよ当社の方で、耐震改修工事をさせて頂く運びとなった。

工事内容は

①屋根を土葺き屋根から →引掛け桟式瓦への変更
②内部は約50箇所以上の筋交(耐力壁)を設置

今回は <<屋根工事の一部>> をご覧いただきます。

DSCN8582.jpg
写真奥が改修前状況。手前は撤去後の状況。

DSCN8581.jpg
袋に入っているのは屋根にもともと乗っていた土。
これでも相当な数を下した後になります!

DSCN8587.jpg
それが済んだ後に既存のルーフィングを撤去し、下地板をやり替えます。

DSCN8602.jpg
やはり仕上げを長持ちさせるにはしっかりした下地が必要です!

DSCN8671.jpg
その後は、新たにルーフィングを施工し、引掛け桟を施工の上、瓦を軒先から棟に掛けて固定します。
※この際、軒先については土が今回も必要です、平面には敷設していません。

DSCN8677.jpg
まだ、途中ではありますが、整然とした施工状況です。
完了時の足場が取れる瞬間が今から待ち遠しいです(^_-)-☆

ちなみにI様邸の瓦は 淡路産のいぶし瓦。
何ともいえない美しい色合いです☆彡


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yumesumai.blog.fc2.com/tb.php/260-27a39479
    この記事へのトラックバック